ハワイ島観光局からハワイ島火山活動に関する情報発信がありました。「観光には影響なし。」

ハワイ島観光局からハワイ島火山活動に関する情報発信がありました。「観光には影響なし。」

ハワイ島観光局
日本のニュースでも大々的に取り上げらています「ハワイ島火山活動」についてですが、ハワイ島観光局から情報発信がありました。ハワイ島観光局によると「ハワイ島へご旅行される皆様への観光の影響は現在の所なく、ご旅行先を変更頂く心配はございません。
ハワイ島西部、ケアホレにあるエリソン・オニヅカ・コナ国際空港や東部にあるヒロ国際空港は通常通り開港されており、島内のホテルやアクティビティー等も同様に通常通り運営されています。」
とのことで、ハワイ島の旅行に関しては特に問題はなく、ハワイ島の大気も問題はないとのことです。
ハワイ島へのご旅行予定の方は、最新の情報を把握して渡航いただければと思います。

#LIVE: Hawaii News Now is live now on KGMB and KHNL. #HINews #HNN

以下、ハワイ島観光局からの情報を記載します。ご参考にしてください。

ハワイ島火山最新情報(ハワイ時間 2018 年 5 月 6 日 19 時発表)
※本リリースは 2018 年 5 月 6 日米国ハワイ州で発表されたリリースの抄訳です。内容および解釈に
ついては英語が優先されますため、原文リリースもご確認ください。
Aloha!
現在、世界中で報道されておりますハワイ島東部で発生している火山噴火に関しまして、ハワイ島へご旅行される皆様への観光の影響は現在の所なく、ご旅行先を変更頂く心配はございません。
ハワイ島西部、ケアホレにあるエリソン・オニヅカ・コナ国際空港や東部にあるヒロ国際空港は通常通り開港されており、島内のホテルやアクティビティー等も同様に通常通り運営されています。
キラウエア火山から流出する溶岩は、ハワイ島東海岸のプナ地区の隔離された一部のエリアです。観光地の中心であるリゾート区域、宿泊施設が所在するハワイ島西海岸のコハラ地区、コナ海岸からは約 160km 離れているため影響はありません。
ハワイ防災当局、ハワイ火山観測所、そしてハワイ島観光局は今後の火山活動を厳重に監視し、最新情報をご報告してまいります。現状の最新情報は以下をご参照ください。
• Hawaiʻi County Civil Defense – http://www.hawaiicounty.gov/active-alerts
• Hawaiʻi County Eruption Map – https://bit.ly/2JV840r
• Hawaiian Volcano Observatory – https://on.doi.gov/2FEPVBm or 808-967-8862
ハワイ州およびハワイ島全体における大気への影響はありません。しかしながら、溶岩が流出している場所では、二酸化硫黄,亜硫酸ガス等が排出されている可能性がある為、該当区域に当たる住人には、避難を促し、引き続き調査を行っています。最新の空気質の状況は、以下をご参照ください。

キラウエアは地球上で最も活発な火山のひとつではありますが、地学的な観点ではハワイ島で現在流れている溶岩は楯状火山からの溶岩成分であるのが特徴です。噴火の場所ではなく「噴火の種類について知っておくこと」が重要です。
ハワイ島での噴火は小さな火山活動が通常であり、火山学者の中では世界的に見ても他の火山に比べて噴火による溶岩の流れは穏やかであると認知されています。詳細は以下をご参照ください。
Island of Hawai‘i Volcano Update – May 6, 2018 @ 7:00 p.m. HST
Page 2
ハワイ島東部へのアクセスについて
• 活発な火山活動が発生している為、レイラニエステートとラニプナガーデン区域にお住まいの住民に避難勧告が出されています。
• ポホイキロードはレイラニエステートとラニプナガーデン区域の住民の避難経路を確保している為、132 号線との分岐点から 137 号線まで通行止めとなっています。
• このエリアに避難目的以外で来られる方以外は通行禁止となっています。
• 現在の航空規制はプナ南部のみとなっています。ドローンのご使用も規制されています。
• 規制エリア内での宿泊予約をされている方、及びツアーアクティビティをご予約されている方は、最新の情報を各社へご確認ください。
• その他注意喚起がないエリアでは通常通りの運営が行われています。お車やバイク等を運転される方は事前に交通情報をご確認ください。
• ハワイ現地時間 5 月 6 日 15 時時点で、ハワイ火山国立公園は一部開園されています。開園しているエリアは以下となります。
o ママラホア・ハイウェイ(11 号線)からハワイ火山国立公園のエントランスを通りジャガー・ミュージアムまでの道路:15 時~22 時までオープン。
(ジャガーミュージアムは 20 時で閉館。ミュージアム外の展望台は 22 時までオープン)
o キラウエア・ビジター・センター:15 時~20 時まで開園
o サルファー バンクス トレイル
o スチーム・ベント駐車場
o クレーター・リム・トレイルはキラウエア展望台からジャガーミュージアムまでのみオープン
o 入口からマウナウル付近の 1969 溶岩流跡地
o マウナウルからプウフルフル(ナパウ・トレイルはクローズ)
o 11 号線からマウナウル(避難路)
o 11 号線からキプカプアウルを経てマウナロア展望台まで
• キラウエア上空は飛行禁止エリアです。詳細は以下ハワイ火山国立公園のサイトをご確認ください。https://www.nps.gov/havo/planyourvisit/lava2.htm.
• ハワイ州天然自然局は、ラバ・ツリー・ステート・モニュメントとマッケンジー州立保養地を一時的に閉鎖しています。
• 安全確保の為、カラパナ溶岩見学エリアは一時的に閉鎖しています。
ハワイ島東部エリアのご宿泊やツアーをご予約済みの方は、事前にご宿泊先やツアー催行会社へお問合せいただき、状況をご確認いただくことをお勧めしています。
ハワイ島への観光に関するご質問、ご不明点はハワイ州観光局(03-5213-4643)までお問合せください。
Warmest Aloha,
Ross Birch
Executive Director
Island of Hawai‘i Visitors Bureau

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。 クリックよろしくお願いします。 ↓↓↓
ランキングに参加しています。 クリックよろしくお願いします。 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

Hawaiine はわいいね!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク