昼間にアラモアナビーチパークで女性が襲われました。怖い、要注意!!

昼間にアラモアナビーチパークで女性が襲われました。怖い、要注意!!

Police

危ないハワイ

日本人観光客も多く行く、アラモアナビーチパークの昼間に女性が薬をやっていると思われる男性に襲われる事件が発生しました。
被害者の方は、顔に大きな怪我を受け、現在治療をしています。
このような事は、誰にでも起こりえる事件で、防ぎようがない場合もありますが
特に女性の1人のかたは注意してください。

近くに変な人が来たら、その場から逃げて関わらないのが一番かと思います。
最近、カカアコの事件もそうですが、ドラッグをしている人が暴行をしたという事件がよくあります。

街でも明らかにおかしい人もよく見かけますので、
少しでも変だと思ったらその近くには近寄らないようにしたいですね。今回の事件は、昼間の時間帯におきた事件ですので、昼、夜に関わらず怪しい人からは距離を取りましょう。

ニュース記事の概要はこちら

日本人観光客の方もよく行く、アラモアナビーチパークの昼間に、女性が血を流して怪我をおいました。
この暴行を受けた被害者は、誰にでも起こりうる事件であるとコメントしています。

被害者のガブリエル・バートレットさんは怪我から回復中です。
ガブリエル・バートレットさんは襲われ、意識を失いました。

7月4日は独立記念日でアラモアナビーチパークには多くの人が集まっていましたが、
先週の金曜日の午後にこの暴行事件が発生しました。

彼女は、この事件で顔の目の後ろと鼻が骨折してしまいました。

太陽がまだ出ている昼間に、彼女が男の叫び声を聞いたときにこの事件はおきました。

明らかに薬をやっている男性から話しかけられたガブリエル・バートレットさんは、
逃げようとしましたがその瞬間襲われ、血が周りに飛んだそうです。

彼女の顔は元に戻るのはすごく難しい事になり、大きな手術が必要になりそうです。

彼女は色々な人に支援、サポートを受けて治療を進めています。

*容疑者は今の所見つかっておりません。

事件の記事はこちら
https://www.khon2.com/news/local-news/woman-attacked-at-popular-ala-moana-beach-park/1284253021

事件現場は、アラモアナの目の前の、アラモアナビーチパーク

他にもハワイには危ないことがあります。ローカルが教える本当の危ないハワイとは。

こちらからご覧ください。

危ないハワイ情報

ハワイでは色々な事件がありますが、アメリカであるということをしっかり認識して行動するのとしないのでは被害にあう可能性が大きく変わってくると思います。
「ハワイいいね!!でも」そんな思いを込めて危ないハワイ情報をこちらで発信しております!!
是非、安全で楽しいハワイ旅行を!!

ハワイは安全と思われがちですが

ハワイは安全と思われがちですが、実は報道されないだけで結構危ない事件が起きているんです。ぜひ注意して楽しいハワイ旅行を!!危ないハワイ情報はこちら。

ハワイに行くなら必ず保険に入っておきましょう!!
こんなクレジットカード付帯の保険もおすすめです。
ハワイに行くならやっぱりJCBカードが一番。トロリーにも乗れるし、付帯保険も充実してます。ハワイに行く人でJCBカードを持っていない人は作っておいて損はなさそうです。
JCB

スポンサーリンク
スポンサーリンク