モアナサーフライダーのラナイの柵が落下する

1906年のカラカウアアベニュー、モアナサーフライダーはどんな感じだった? おすすめ情報
アメリカ、ハワイ滞在時にお勧めの格安アメリカSIM(アメリカで携帯使う)

モアナサーフライダーのラナイの柵が落下する

1906年のカラカウアアベニュー、モアナサーフライダーはどんな感じだった?

火曜日の午後(2024/1/30)モアナ・サーフライダー・ホテルのラナイの柵が落下しました。
2人が軽い怪我をしたとのことです。

1901年に創業したモアナ サーフライダー、建物の老朽化が進んでいるのでしょうか?建築専門家が、もっと大きな問題である可能性があるとも言っています。

現場からの写真によれば、5階付近の部屋の金属製手すりが崩れ、その下のビーチに落ちていたことがわかります。記事によると、手すりは直接誰にも当たっていないとのことです。

HFDが到着時には、オーシャンセーフティが1人を治療していて、もう1人は崩れた手すりから逃れる際に軽傷を負ったとのことです。

一部のビーチは立ち入り禁止になっていました。手すりが崩れた原因はまだわかっていないとのことです。

ローカルの記事はこちら

1906年のカラカウアアベニュー、モアナサーフライダー・ワイキキビーチはどんな感じだった?(動画紹介)
1906年のカラカウアアベニュー、モアナサーフライダー・ワイキキビーチはどんな感じだった?(動画紹介) 1906年8月3日 - カラカウア・アベニュー、ワイキキ、ホノルルがTony Barnhill @tonybarnhill808さんによ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました