ホノルルマラソン2020ハワイ在住者向けエントリー開始(57ドル)

ホノルルマラソンおすすめ情報
ハワイ、ワイキキの日本帰国用PCR検査費用を比較してみました

ホノルルマラソン2020ハワイ在住者向けエントリー開始(57ドル)

ホノルルマラソン2020のローカルむけ(ハワイ在住者向け)エントリーが開始されました。今年は、2020年12月13日5AMにホノルルマラソン2020は開催です。

エントリー料金は2018年は46ドル、2019年は54ドル、2020年は57ドルになりました。
去年に引き続き、アーリーエントリー57ドルには、練習Tシャツが付いてくるみたいです。

申し込み期間は、1月20日(月)から2月2日まで
それ以降は、93ドルに値上がりますので、ハワイ在住者の方はこの期間に申し込みましょう!!

アメリカ、カナダ在住者は2月3日から、それ以外の一般は2月7日から申し込み可能です。

2020 Entry Fees Jan 20 – Feb 2 Feb 3 – Feb 16
Honolulu Marathon – Hawaii Residents $57 $93
Honolulu Marathon – USA & Canada residents NA $93

ホノルルマラソン

4年前は、30ドルぐらい、その前は、1マイル1ドルだったので、26.1ドル。
年々高くなっていますが、ハワイ在住者はまだまだお手頃価格の57ドル、今年もトレーニングTシャツも付いてくるのでまだまだアーリーエントリーだとお得ですね。
20回大会は日本の人も8000円で参加できたそうです、、、

ホノルルマラソン2020のエントリーはこちらから

エントリーはこちらからできます。
ハワイローカルエントリーの皆様早くエントリーしましょう!!
早く申し込めば、パケット番号3桁台ですよ。
https://www.honolulumarathon.org/key-information/how-to-enter

*こちらでプレレジストレーションしておくと、最新の情報がメールで届くほか、ホノルルマラソン参加権が5名にあたります。(ここに登録しておくと登録した情報での申し込みベストレートのタイミングの連絡がくるのでお勧めです。)

今までのホノルルマラソンの記事はこちらから。

ホノルルマラソン2018でショートカットのズルをした人はなんと300人以上

ホノルルマラソンは意外とショートカットできてしまうコースなので結構な人がズルをしているみたいです。
2016年でもズルをした人が入賞するなど大きな問題として取り上げられていました。

ホノルルマラソン2016ズルしちゃダメ!!ショートカットしてゴールしたかもしれない人たち。
ホノルルマラソン2016-ズルしちゃダメダメ!! マラソンはやっぱり過酷です。 練習していないと、途中で足が動かなくなり、本当に辛いですよね。 でも、皆そこを耐えて必死にゴールを目指します!! 「自分との戦いに勝つ」「マラソンは...

2018年のホノルルマラソンでもなんと300人以上がズルをしたという調査報告がウェブサイトに掲載されていました。

完走Tシャツが欲しいのはわかりますが、やっぱりズルするのは寂しいですね。
以前はズルして入賞した人もいたようですが、現在はかなり厳しくなりチップ計測が正確にできていない人は失格になっているようです。
ズルしたいという自分の弱い声に負けないように、しっかり練習してホノルルマラソン2020に望みたいですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました